断捨離でたくさんのものを手放すための5つのテクニックをご紹介いたします。

断捨離のテクニック

 

断捨離をしようと決意をしても、いざ取り組んでみると

 

「捨てるのはもったいない」
「また使うかもしれない」
「思い出のあるものだから」

 

などと、思うように不要品を捨てられないものです。

 

効率良く断捨離をするにはコツがあり、特定のルールを決めて機械的に行うのが断捨離のセオリーです。
断捨離でたくさんの物を処分するためのテクニックをまとめました。

 

 

まずは広いスペースを用意して断捨離するものを並べる

並べられた衣服のイメージ画像
断捨離で失敗する人で多いのが、タンスや棚、収納BOXから一つずつ取り出して必要なものか選別する方法をとっています。

 

ひとつずつ物を見ていると、捨てることを躊躇する気持ちを抱きやすいので、断捨離する時は物を全て出して並べるようにしましょう。

 

リビングや部屋などに、洋服や食器、雑貨など断捨離したいものを並べるスペースを作り。現在持っているものを一目で確認できるように並べます。

 

並べて全体を見渡した上で必要な物を優先的に取っていくようにすると、不要な物との選別がスムーズに進められます。

 

 

アイテムごとに保有する上限を設定する

 

洋服や食器などは、特に気にいっているものをローテーションで使うことが多く、気に入ったデザインでも利用頻度が極端に少ないものが出てきます。

 

そこで断捨離をする前に、夏用のTシャツは10枚。冬用のアウターコートは3着など、アイテムごとに残す数を決めてしまえば必要最低限の物だけ残して断捨離できます。

 

常に決まったルールを作り、シーズンごとに買い増し分だけ洋服を捨てるなど、小まめな見直しをしていくとよいでしょう。

 

アイテムごとに保有する数を決めておくと、無駄な買い物を抑制する効果も期待できます。

 

 

捨てるタイムリミットを設ける

タイムリミットを知らせる砂時計

 

断捨離しようとした結果、「捨てる候補になったけどまたで使うかもしれない」などと思って残したものの大半は、その先も使う機会のないことが多いです。
効率良く断捨離をするのであれば、タイムリミットを決めるとよいでしょう。

 

洋服や食器、たまにしか使わない家電は直近1年で1度も使わなかったものは捨てるルールを作ったり、洗濯を繰り返すと劣化する洋服は2年経過したら処分するなど使用期限を設けるのも有効です。

 

断捨離しようとした結果、物があまり減らなかった場合は、捨てる候補になったものに期限を設けて、一定期間使う機会がなければ捨てるようにしましょう。

 

タイムリミットを設ける場合は、スマホのメモやスケジュール機能を活用して、断捨離の再チェックを忘れないようにする対策をしてください。

 

友人や兄弟・姉妹に手伝ってもらう

 

断捨離を1人でやると、ついつい妥協しがちです。
可能であれば友人や兄弟・姉妹に協力して選別するもののアドバイスを助言してもらうようにしましょう。

 

遠慮無くストレートに意見を言ってくれる人を選ぶのが重要で、たくさん捨てたい希望があることを事前に伝えておきましょう。

 

後押ししてくれる人や、客観的な意見を言ってくれる人がいることで断捨離の効率は大幅に高まります。

 

 

断捨離達成にご褒美を用意する

ご褒美のショッピングの紙袋

 

断捨離をする際に、荷物の3分の1を捨てるなど明確な目標を立て、目標達成したら好きな洋服を買うなど、自分へのご褒美を用意してみてください。

 

断捨離は、踏ん切りをつけてやり遂げる気持ちが重要です。できれば捨てたいなど漠然な気持ちでやるよりも、なんとしても断捨離して荷物を整理する強い気持ちを持ちようにしましょう。

 

お金にできそうな物を売って、目標金額を設定する方法もおすすめです。価値が高い物をついつい残してしまう方は「合計で1万円になるまで売る」などの目標を設定してみてください。

 

ページの先頭へ戻る