断捨離|自宅で眠っている意外なものを売却してお小遣い稼ぎをしよう!

売却してお金になる意外なもの

いまやメルカリの普及によって、従来は捨てていたようなゴミ同然のものが高く売れたり、想定以上の高額売却に成功する事例が多数みられます。

 

売却してお金になる意外なものをまとめてみました。

 

 

ブランドの紙袋

買い物で貯まった紙袋

 

ブランドショップの正規店で買い物をすると無料で付いてくる紙袋は、メルカリで高額売却できるかもしれません。

 

このほか、映画のチケットや来場者プレゼントなど無料で入手できて高く売れてしまう物がたくさんあります。

 

 

ボロボロのブランド品

汚れやスレが激しかったり、部分的に壊れているものだと、質屋やリサイクルショップでは買取してくれません。

 

このように、一見寿命を迎えてゴミ同然の価値になったように見えるものでも、フリマアプリの個人売買では買い手が付くかもしれません。

 

ブランド品は保有することにステータスを感じている人が多く、ボロボロや壊れていても使いたいと思っている人がたくさんいます。

 

お店では買取査定が付かない状態の物でも、売る手段を変えると意外なほど高い値段が付くケースがたくさんあります。

 

 

ギフト券

JCBギフト券、全国百貨店共通商品円、QUOカードなどのギフト券は業者に売っても高く売れます。

 

洋服や本、ブランド品は中古の再販価格と買い取り価格に大きな差があるものですが、ギフト券は人気の高い種類だと額面の90%以上になることも多数あります。

 

余っているギフト券があれば、出品手数料の高いメルカリではなく、金券ショップやネットの買取ショップに相談してみてください。

 

 

使用済みの化粧品

並べられたメイク用品

 

女性の方は化粧品の種類をたくさん揃え、結果的に数回使った程度で放置してしまう化粧品を持っている方が多いでしょう。

 

断捨離する際は「まだ残っているから捨てるのがもったいない」とついつい残したり、中身を水道へ流して処分する方が多いですが、残量のある化粧品はメルカリなどで高く売れます。

 

人気の高いタイプは使用済みでも高値が付くので、捨てる前に売却を検討するとともに、使用頻度が少ない化粧品は断捨離の一環として売ることを検討してみてください。

 

 

ペットボトルのフタ

売れるかもしれないペットボトルのふた

 

ペットボトルのフタが驚くような高値で流通しています。
ペットボトルのフタはリサイクルすることで社会貢献できるのは有名な話で、学校や自治体などの団体でペットボトルのフタを集めるキャンペーンを行うことがあります。

 

こうした団体で協力して集める際に、たくさん貢献していることをアピールするため、お金を払ってペットボトルのフタを買う需要があるようです。

 

 

付録、オマケ、初回購入特典など

雑誌の付録や商品のオマケは単品でも高く売れます。
メルカリ転売を副業にしている人は、限定品のある書籍が出たら、オマケと書籍をそれぞれ未使用品として転売する方もいるくらいです。

 

タンスの奥にしまっている不要品があれば、買ったものではなく何かのオマケで付いてきたものでも、一度ダメ元で出品してみてはいかがでしょうか。

 

 

お店で手軽に買えるもの

未使用品のマンガ

 

メルカリなどのフリマアプリはお店で手軽に買えるものが定価以上の値段で落札されることがよくあります。

 

代表的な存在がマンガ(単行本)の新刊です。未使用品だと定価より高く売れる事例も見られ、買う人はお店へ買いに行く手間が面倒だと感じたり、フリマアプリのポイントや売上金を使って買いたい思惑があります。

 

アマゾンなどのECサイトより高い値段設定にすると売れる可能性は低くなりますが、買おうとする人が多い物はポイント目的で定価より高く買ってくれる需要があることを覚えておきましょう。

 

ページの先頭へ戻る